鍵による防犯対策

一般住宅で用いられる鍵はどれも似ているタイプになってしまいがちなため、泥棒を行う人達にとっては開けやすいといえるため、防犯対策を充実させることが大切です。

出かけるときに鍵を植木鉢の下に隠したり、ポストの中に隠すなどしている人は未だにいて、そんな行動も下調べに来た泥棒に見られていると考えたほうが良いですし、見られていない場合でも家の周りに置かれている可能性を考えて、調べることも多いので、近場に出かける時でも安易に置いていくことは避けたほうが良いです。場合によってはスペアを作られてしまう可能性があります。特殊に加工して作られる鍵であればピッキングなどの心配は入りませんが、紛失した場合にスペアをつくるときに一般的な鍵よりも費用がかかってしまうことも考えて選択することが大切です。

家のドアやリビングの窓のある場所などが、塀や植え込みなどで目隠しになり、外から見えにくい場合には時間をかけた方法で鍵を開ける場合も多くなっています。特殊工具を用いてピッキングが行われ、すぐに侵入されないようにするためにはには、ピッキングが出来ない特殊な鍵に交換したり、2重ロックにする方法があります。暗証番号で開くようにする方法もありますが、お子さんたちが開ける際に番号をつぶやいてしまったりしないように話しておく必要があります。

ドアノブ式の場合は意外と素材は柔らかく、道具を使えば割と簡単にもぎ取ってしまうことができるので、防犯対策としては、レバー式錠に変えたり2重ロックにするなどの対策が必要です。

二階の窓も近所から見えにくくなっていると侵入されやすく、対策を怠らないようにしなければならない部分で、窓ガラスではサムターン回しを防止するため、鍵にカバーをかけたり外から見えにくい部分に補助錠を設置することで、簡単に侵入できないようにすることが出来ます。

プロの鍵屋さんに依頼すれば、ドアや窓の防犯対策をどのように行えばよいか判断してもらうことが可能です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です