鍵の防犯性能


現在の日本は徐々にではありますが海外のように治安が悪化しつつあります。かつての日本では地域社会による防犯意識も高く、いわゆるご近所の目というものが不審者や空き巣などに対して非常に効果的な防犯効果がありました。しかしながら、現在では地域社会と積極的に関わることを敬遠する人も少なくはなく、かつてのようにご近所の目というものが直接的に防犯に役立つということは少なくなっています。
独り暮らしの人や高齢者の人など、住居にひとりで生活をしているという人も現在では珍しくはありませんが、そのような人にぜひ取り組んでもらいたいことがあります。それは生活をしている住居の防犯性能を高めるということです。特に玄関のドアの防犯性能を高めることは空き巣などの被害に遭わないためにできる最も効果的な方法です。防犯性能の高い鍵に付け替えることでピッキングの被害から逃れることが可能になるからです。
空き巣行為に手馴れた犯罪者の場合、単純な構造の鍵であればごく短時間のうちにピッキングを完了させることができるといわれています。ピッキングにかかる時間を延ばすことができればそれだけ人目につく可能性も高くなり、空き巣の被害に遭う可能性を低くすることができるのです。
一般的な鍵の場合、その構造が単純なだけではなく鍵の複製が容易だといわれており、その分だけ空き巣などの被害に遭ってしまう確率が高くなってしまいます。よる防犯性能の高い鍵に付け替えるのが防犯対策として最も効果的です。
防犯性能の高い鍵として代表的なのがディンプルキーやレーザーキーです。これらの鍵は通常のもののようにホームセンターなどで簡単にコピーができないため、このような鍵に付け替えることで住居の防犯性能を高めることができます。また、シリンダーや錠ケースの構造や耐久性も防犯性能に影響してきます。構造が複雑なものや耐久性の高いものへと交換をすれば、防犯性能はさらに高くなり空き巣などの被害に遭わずにすみます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です