マンション防犯とセキュリティシステム導入について


近所付き合いも希薄になってきた昨今、集合住宅でも隣の人の顔を知らないという話は珍しくありません。
警備員が常駐していたり、管理組合や管理会社がマンション防犯を積極的に行っていたりする場合もありますが、そうでなければ個人で防犯意識をもって対策をしなければいけません。

普段から意識を高め、防犯性の高い鍵を使用して室内からも必ず施錠する、不在を匂わせない工夫などの細かいところから有形無形で対策が考えられます。
特にマンションでは侵入経路が限定しやすく、ベランダ窓や玄関の対策を強化する必要があります。
ダミーカメラやセンサーライトなど、防犯グッズを購入して取り付けるという方法もありますが、それも共用部の問題から難しいということもあるでしょう。

ランニングコストの支出が可能であれば、防犯会社の機械警備を導入すると、その分安心を買うことができます。
しかし機械警備の契約中は鍵や個人情報を預けることにもなりますので、そもそも警備会社を信頼できないようであれば本末転倒となり、他人に任せるべきではありません。

個別に警備会社のセキュリティシステムを導入しようとする時、

・分譲マンションの場合

管理組合の許可については予め確認する必要があります。
警備会社から防犯機器全てを買い取ってオンライン契約だけとした場合、物件売却の際に引き渡す事も可能。
(付加価値となることも)

・賃貸マンションの場合

個別の部屋へのセキュリティシステム導入そのものに物件貸主の許可が必要になるうえ、防犯設備工事で壁や天井に傷をつけることが避けられず、退去の際、機器の取外し跡の美観上の問題から、敷金のやり取りで揉める可能性があります。
貸主の許可が得られて導入に問題がない場合を除いては、最初からホームセキュリティを契約している賃貸物件に転居するのも一つの手でしょう。

警備会社のセキュリティシステムは、防犯以外にも火災監視や緊急通報があり、家族や目的に合ったプランで検討することができます。
防犯会社のステッカーそのものにも防犯効果があり、費用や状況が許すならば導入のメリットは大きいものです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です