防犯カメラの価格・相場はどれぐらい?


企業やご自宅のセキュリティの一環として防犯カメラをご検討されておられるケースも多いと思います。ここでは防犯カメラに関するノウハウと選ぶポイントについて紹介していきます。防犯カメラシステムには大きくわけて2種類があります。
1つはカメラとパソコンを使う、比較的安価な方式です。保存データはパソコン内、もしくは外付け媒体内に保存される事になります。もう1つはレコーダータイプの本格的なカメラです。企業や大手施設等になりますとレコーダータイプが主流になります。この企業用のレコーダータイプも価格は様々ですが、カメラやレコーダー性能などにより価格は大きく異なります。
カメラもワイドタイプや全方位タイプ、夜も撮影可能な赤外線タイプなど様々です。使用カメラ数によりライセンス料金が追加になる場合も多く、本格的な導入になりますとカメラとレコーダーで2.000.000円から3.000.000は必要となります。
防犯カメラが1つで安いレコーダーを使用する様な場合ならば200.000円程度で設置できる場合もあります。企業において本格的な防犯カメラシステムを導入する際のポイントとしましては、環境に応じてカメラに大きな性能差を感じるケースが多い為、実際に監視場所に設置してカメラの稼動域や解像度、明るさ、ズーム機能等を比較した上で検討されるようにすれば間違いのない選択ができます。
カメラの解像度を上げ、全ての防犯カメラをフル稼働した状態で余裕のあるレコーダーを選ぶ事が重要です。パソコンを使うタイプの防犯カメラはご自宅や簡易的な監視で使うケースが多くなります。パソコンはカメラの持つ像度度を十分に処理できる能力が必要になります。カメラは比較的安く、安い物でしたら数千円から、赤外線タイプや防水タイプのスペックの良い物になりますと数万円となります。
パソコンで監視する場合には専用のソフトも必要となります。設置費用は配線の長さや環境により違います。事前に見積もりを確認される様にして下さい。パソコンと連動し、遠隔地からスマホなどで確認できるタイプの防犯カメラも多くあります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です