東京都でマンション防犯・防災対策をお考えならば

東京都のマンションに暮らすのならば、防犯対策と防災対策を分けて考えると良いでしょう。防犯対策は、犯罪に巻き込まれないように未然に防ぐ対策です。自分自身が被害者にならないように注意と警戒を怠らないようにするのと同時に、住まいのマンション防犯を工夫するのがポイントです。被害者になるケースとして考えられるのが、住まいへの侵入です。
盗難事件やストーカー事件が想定されますし、心身に危害が及んでしまう場合も想定されます。マンション防犯の代表が鍵です。集合住宅のマンションには、自分が入居している部屋の扉と、マンションの建物への出入り口があります。
マンションがオートロックに設計されていれば、建物への出入り口で不審者の侵入を予防できる効果が高まります。自分の入居する部屋の扉は、複製が困難な鍵と、解錠が困難な鍵がポイントです。複製が困難な鍵の代表がシリンダー錠です。シリンダー錠の部屋鍵になっていれば、マンション防犯の効果は高いです。不審者対策には防犯カメラの設置も効果的です。
マンションの共有部分では管理組合や管理会社によるカメラが設置され、個人では玄関扉へのカメラの設置も可能です。防災対策は、災害予防の観点です。自然災害と人災がありますが、代表的なものは地震、火災、水害、強風被害などです。鉄筋コンクリート建築のマンションは建物の構造が頑丈です。木造建築の建物よりも耐久性が格段に高いのが特徴です。
鉄筋コンクリート建築の建物は、耐震構造に設計されているだけでなく、免震構造に施工されている場合も多いので、地震の揺れに強いだけでなく地震の揺れそのものを軽減できてしまう場合もあります。東京都のマンションを選ぶときは、防犯・防災設備工事が充実しているかに注目しましょう。マンション管理組合が将来的なリフォームに備えて防犯・防災設備工事を意識している場合は、リフォーム基金や積立金制度が設けられている場合があります。防災対策は、火災保険と関連しますので、加入している保険会社に相談するのも良い方法です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です