マンション防犯といえばインターホン

最近のマンションと言えばセキリュティーに優れていることが特徴です。マンション防犯と聞くと誰もがオートロックと連動させたインターホン設備を思い浮かべる事でしょう。各部屋と玄関出入り口とをつないだインターホンがあり、来訪者はインターホンを通して部屋の住人と話をする事で身元を確認してもらい、マンション出入り口の玄関オートロックを解錠してもらう事でマンション内に入れます。
この防犯設備工事は電気設備工事の一環であり、マンションの各部屋のインターホンと玄関の出入り口の扉付近のインターホンでつなぐことで来訪者の確認が出来るので防犯上は非常に役立つのです。当初のころの防犯設備工事としては音声だけの確認でしたが、最近はモニター画面が付いているので訪問者の顔までが確認できるようになりました。モニター画面で来訪者の容姿の確認が出来る様になると、都合の悪い人や部屋に通したく無い人の場合は居留守を使うことが出来るので、入居者にとっては便利になったと言えるでしょう。
特に女性の一人暮らしや離婚した女性の場合などは、ストーカーの被害が心配されるのででセキュリティーのしっかりしたマンションが安心できるでしょう。最近日本でも昔は考えられなかったような犯罪も発生するので、日々の生活をする住居もマンション防犯などのセキュリティーのしっかりした所に住むことが自己防衛にもつながるでしょう。
マンション防犯についてはインターホン連動のオートロックなどの防犯設備工事の成されている事と、最近は防犯カメラまで設置されるようになってきました。玄関出入り口のインターホンと同時に防犯カメラまで設置されていると、弱い立場の女性の一人暮らしや母子家庭にとっては心強い防犯設備と言えるでしょう。年々犯罪が増えてくる我が国でも、自分自身や家族は自分達の手で守る工夫をしなくてはなりません。その為にも安心安全で快適な住空間を持ち、インターホンやオートロックに防犯カメラなどの防犯設備工事のしっかりなされマンション防犯の確立されたマンションに住むようにしましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です