ガラス屋のイエローで防犯ガラスに交換して防犯対策


これだけは絶対おさえておきたい防犯対策! TOP ガラス屋のイエローで防犯ガラスに交換して防犯対策
ガラス屋のイエローで防犯ガラスに交換して防犯対策

空き巣を働く人たちは時間をかけずに仕事をすることを目標にしているため、ドアをピッキングで開けるよりも割れやすい窓ガラスを標的にすることが増えてきています。たとえ音が響いたとしても通報されてから警察が辿り着く前に盗み終えることができれば良いと考え、金目の物が置いてある事が多いリビングや寝室などの窓ガラスが狙われることが多くなっています。入念に下調べをして、留守の時間帯を把握してから行動を起こすほどですから、防犯に気を配っているかどうかということもすぐに見ぬかれてしまいます。前にひび割れた窓ガラスをガムテープで留めたり、ダンボールで補修したまま放置しているような家は簡単に侵入を許してしまいます。

侵入を防ぐためには、すぐに部屋に入れないように時間がかかるように仕向けることが大切で、防犯ガラスの導入が最適です。ヒビがたくさん入っても大きな穴があかなければ窓の鍵を開けて侵入することが叶わなくなり、大きな音を出してから数分もかかるようであれば、犯人も諦めて逃げることが多くなります。強化ガラスも圧力の加え方によって一瞬で割れて大きな穴が空いてしまうことも多いので、防犯ガラスにしたほうが良いです。

ガラス屋のイエローでは、防犯ガラスに交換をしたい場合や万が一割れたりヒビが入った時に、素早い対応が期待できる業者です。1枚から対応していて365日年中無休で受け付けていて、土日も施工を行っているので思い立ったらすぐに実施してもらうことも出来ます。

ガラス屋のイエローには多数の防犯整備士が在籍しているので、各住宅の窓に合わせた防犯ガラスの導入が出来ます。連絡後最短で30分ほどで到着してくれるため、日頃忙しい人でも安心して依頼することが出来ます。

アパートの場合は勝手に交換することができず、不動産会社や大家さんなどに許可を得ないと交換できない場合があり、マンションも共用部分の場合には管理組合等の許可が必要になります。

鍵による防犯対策

一般住宅で用いられる鍵はどれも似ているタイプになってしまいがちなため、泥棒を行う人達にとっては開けやすいといえるため、防犯対策を充実させることが大切です。

出かけるときに鍵を植木鉢の下に隠したり、ポストの中に隠すなどしている人は未だにいて、そんな行動も下調べに来た泥棒に見られていると考えたほうが良いですし、見られていない場合でも家の周りに置かれている可能性を考えて、調べることも多いので、近場に出かける時でも安易に置いていくことは避けたほうが良いです。場合によってはスペアを作られてしまう可能性があります。特殊に加工して作られる鍵であればピッキングなどの心配は入りませんが、紛失した場合にスペアをつくるときに一般的な鍵よりも費用がかかってしまうことも考えて選択することが大切です。

家のドアやリビングの窓のある場所などが、塀や植え込みなどで目隠しになり、外から見えにくい場合には時間をかけた方法で鍵を開ける場合も多くなっています。特殊工具を用いてピッキングが行われ、すぐに侵入されないようにするためにはには、ピッキングが出来ない特殊な鍵に交換したり、2重ロックにする方法があります。暗証番号で開くようにする方法もありますが、お子さんたちが開ける際に番号をつぶやいてしまったりしないように話しておく必要があります。

ドアノブ式の場合は意外と素材は柔らかく、道具を使えば割と簡単にもぎ取ってしまうことができるので、防犯対策としては、レバー式錠に変えたり2重ロックにするなどの対策が必要です。

二階の窓も近所から見えにくくなっていると侵入されやすく、対策を怠らないようにしなければならない部分で、窓ガラスではサムターン回しを防止するため、鍵にカバーをかけたり外から見えにくい部分に補助錠を設置することで、簡単に侵入できないようにすることが出来ます。

プロの鍵屋さんに依頼すれば、ドアや窓の防犯対策をどのように行えばよいか判断してもらうことが可能です。

鍵の防犯性能


現在の日本は徐々にではありますが海外のように治安が悪化しつつあります。かつての日本では地域社会による防犯意識も高く、いわゆるご近所の目というものが不審者や空き巣などに対して非常に効果的な防犯効果がありました。しかしながら、現在では地域社会と積極的に関わることを敬遠する人も少なくはなく、かつてのようにご近所の目というものが直接的に防犯に役立つということは少なくなっています。
独り暮らしの人や高齢者の人など、住居にひとりで生活をしているという人も現在では珍しくはありませんが、そのような人にぜひ取り組んでもらいたいことがあります。それは生活をしている住居の防犯性能を高めるということです。特に玄関のドアの防犯性能を高めることは空き巣などの被害に遭わないためにできる最も効果的な方法です。防犯性能の高い鍵に付け替えることでピッキングの被害から逃れることが可能になるからです。
空き巣行為に手馴れた犯罪者の場合、単純な構造の鍵であればごく短時間のうちにピッキングを完了させることができるといわれています。ピッキングにかかる時間を延ばすことができればそれだけ人目につく可能性も高くなり、空き巣の被害に遭う可能性を低くすることができるのです。
一般的な鍵の場合、その構造が単純なだけではなく鍵の複製が容易だといわれており、その分だけ空き巣などの被害に遭ってしまう確率が高くなってしまいます。よる防犯性能の高い鍵に付け替えるのが防犯対策として最も効果的です。
防犯性能の高い鍵として代表的なのがディンプルキーやレーザーキーです。これらの鍵は通常のもののようにホームセンターなどで簡単にコピーができないため、このような鍵に付け替えることで住居の防犯性能を高めることができます。また、シリンダーや錠ケースの構造や耐久性も防犯性能に影響してきます。構造が複雑なものや耐久性の高いものへと交換をすれば、防犯性能はさらに高くなり空き巣などの被害に遭わずにすみます。

単身引越しの常識:防犯について

単身引越しを行う方も存在しています。学生が実家を離れて進学する際に、初めて一人暮らしをする場面や、会社員として勤務している方でも、実家を離れた生活を送ることを希望している時や、転勤などによって引越しを余儀なくされることもあり得ます。
このような状態で単身引越しを行う際には、特に女性の場合では防犯について考えてみることが必要です。今では常識となっている部分があり、まずは、賃貸アパートなどを選ぶ際には1階部分よりも2階以上の高さの部屋を借りる方法で、簡単に窓から侵入者が現れてしまうことを防ぐことができます。
また、物件によっては2重ドアに設定されていて、いわゆる防犯システムが充実している物件も存在しています。オートロック機能なども今では常識とされている部分があり、オートロックの出入り口の物件であれば、部外者は物件内に入り込むことができずに、集合ポストまでの出入りに限定されているので、非常に安心した生活を送ることができます。他にも防犯カメラが取り付けられている物件も今では単身引越しでは常識になります。
防犯カメラが付けられているだけで犯罪の抑止力になり、実際に何かがあった際の証拠として使うことができるので、安心できる物件として住むことができます。通報システムも充実している物件もあり、エレベーター内で不具合などが起きてしまった際には、直ぐにボタンを押す方法で、問題解決することができる物件もあるので、不安に感じている方であれば、細かくチェックを行ってみることも良い方法です。
物件の位置関係についても調査を行うことも常識とされています。単身引越しの場合ではできるだけ環境の良い場所に建てられている物件を探すことが良い方法になり、例えば夜間から深夜にかけて賑やかになる繁華街に位置している物件は避けることも良い方法になり、逆に夜間には人通りが極端に少なくなるような暗い場所にある物件に関しても避けてみることも単身引越しには欠かせないチェック内容です。

マンション防犯とセキュリティシステム導入について


近所付き合いも希薄になってきた昨今、集合住宅でも隣の人の顔を知らないという話は珍しくありません。
警備員が常駐していたり、管理組合や管理会社がマンション防犯を積極的に行っていたりする場合もありますが、そうでなければ個人で防犯意識をもって対策をしなければいけません。

普段から意識を高め、防犯性の高い鍵を使用して室内からも必ず施錠する、不在を匂わせない工夫などの細かいところから有形無形で対策が考えられます。
特にマンションでは侵入経路が限定しやすく、ベランダ窓や玄関の対策を強化する必要があります。
ダミーカメラやセンサーライトなど、防犯グッズを購入して取り付けるという方法もありますが、それも共用部の問題から難しいということもあるでしょう。

ランニングコストの支出が可能であれば、防犯会社の機械警備を導入すると、その分安心を買うことができます。
しかし機械警備の契約中は鍵や個人情報を預けることにもなりますので、そもそも警備会社を信頼できないようであれば本末転倒となり、他人に任せるべきではありません。

個別に警備会社のセキュリティシステムを導入しようとする時、

・分譲マンションの場合

管理組合の許可については予め確認する必要があります。
警備会社から防犯機器全てを買い取ってオンライン契約だけとした場合、物件売却の際に引き渡す事も可能。
(付加価値となることも)

・賃貸マンションの場合

個別の部屋へのセキュリティシステム導入そのものに物件貸主の許可が必要になるうえ、防犯設備工事で壁や天井に傷をつけることが避けられず、退去の際、機器の取外し跡の美観上の問題から、敷金のやり取りで揉める可能性があります。
貸主の許可が得られて導入に問題がない場合を除いては、最初からホームセキュリティを契約している賃貸物件に転居するのも一つの手でしょう。

警備会社のセキュリティシステムは、防犯以外にも火災監視や緊急通報があり、家族や目的に合ったプランで検討することができます。
防犯会社のステッカーそのものにも防犯効果があり、費用や状況が許すならば導入のメリットは大きいものです。

防犯カメラのレンタルについて

防犯カメラは、まさに動かぬ証拠をつかむためのツールであり、設置しておくことで周辺の監視を行えます。
警備員を雇うと多額の費用がかかってしまいますが、防犯カメラのレンタルなら格安の料金で高性能のカメラを導入できるのです。
レンタル用の防犯カメラは、一般的な警備システムと違って配線工事不要であるケースが多く、気軽に気になっている場所に設置できます。
たとえば、愛車にいたずらをされて困っているなどの日常生活のトラブルにおいて、こっそり防犯カメラで撮影しておくことで犯人が分かる上に、画像データをそのまま証拠として警察に提出することも可能です。
穏便に済ませたいのならば、侵入経路をふさぐのも効果的で、愛車に傷をつけるネコといった動物の行動パターンも録画画像ならすぐに把握できます。
屋外用の防犯カメラは、基本的に高い防水性を備えており、さらにワイドに撮影できる専用レンズだから、気になる部分が見えないという失敗はあまりありません。
ケーブルや電池ボックスなどがワンセットでレンタルできるから、手元に機材が届いた当日からすぐに稼働させられます。
いつでもクリアに撮影できる夜間も有効な防犯カメラもあるので、悪質ないたずらや付きまといで困っている場合でも24時間監視を行えるのが大きなメリットです。
特に、ストーカー被害は証拠なしで警察に相談してもなかなか相手にされないので、夜間も機能してくれる防犯カメラのレンタルを検討してみましょう。
ただし、夜間は撮影機能の都合上、白黒での録画となるので要注意です。
屋内用では、カメラとは分かりにくい小型の穴から撮影するタイプの防犯カメラもあるので、必要に応じて使い分けてみることをお勧めします。
万引き防止の効果だけではなく、小売店で働くスタッフの監視用といった使い方もできるため、多くの店舗で店内全体をカバーできる配置で導入されています。
必要な時にだけ利用できるレンタルは、トラブルの原因を把握する目的で使用するのに最適であり、個人の利用者もどんどん増加している状態です。

防犯カメラの価格・相場はどれぐらい?


企業やご自宅のセキュリティの一環として防犯カメラをご検討されておられるケースも多いと思います。ここでは防犯カメラに関するノウハウと選ぶポイントについて紹介していきます。防犯カメラシステムには大きくわけて2種類があります。
1つはカメラとパソコンを使う、比較的安価な方式です。保存データはパソコン内、もしくは外付け媒体内に保存される事になります。もう1つはレコーダータイプの本格的なカメラです。企業や大手施設等になりますとレコーダータイプが主流になります。この企業用のレコーダータイプも価格は様々ですが、カメラやレコーダー性能などにより価格は大きく異なります。
カメラもワイドタイプや全方位タイプ、夜も撮影可能な赤外線タイプなど様々です。使用カメラ数によりライセンス料金が追加になる場合も多く、本格的な導入になりますとカメラとレコーダーで2.000.000円から3.000.000は必要となります。
防犯カメラが1つで安いレコーダーを使用する様な場合ならば200.000円程度で設置できる場合もあります。企業において本格的な防犯カメラシステムを導入する際のポイントとしましては、環境に応じてカメラに大きな性能差を感じるケースが多い為、実際に監視場所に設置してカメラの稼動域や解像度、明るさ、ズーム機能等を比較した上で検討されるようにすれば間違いのない選択ができます。
カメラの解像度を上げ、全ての防犯カメラをフル稼働した状態で余裕のあるレコーダーを選ぶ事が重要です。パソコンを使うタイプの防犯カメラはご自宅や簡易的な監視で使うケースが多くなります。パソコンはカメラの持つ像度度を十分に処理できる能力が必要になります。カメラは比較的安く、安い物でしたら数千円から、赤外線タイプや防水タイプのスペックの良い物になりますと数万円となります。
パソコンで監視する場合には専用のソフトも必要となります。設置費用は配線の長さや環境により違います。事前に見積もりを確認される様にして下さい。パソコンと連動し、遠隔地からスマホなどで確認できるタイプの防犯カメラも多くあります。

東京都でマンション防犯・防災対策をお考えならば

東京都のマンションに暮らすのならば、防犯対策と防災対策を分けて考えると良いでしょう。防犯対策は、犯罪に巻き込まれないように未然に防ぐ対策です。自分自身が被害者にならないように注意と警戒を怠らないようにするのと同時に、住まいのマンション防犯を工夫するのがポイントです。被害者になるケースとして考えられるのが、住まいへの侵入です。
盗難事件やストーカー事件が想定されますし、心身に危害が及んでしまう場合も想定されます。マンション防犯の代表が鍵です。集合住宅のマンションには、自分が入居している部屋の扉と、マンションの建物への出入り口があります。
マンションがオートロックに設計されていれば、建物への出入り口で不審者の侵入を予防できる効果が高まります。自分の入居する部屋の扉は、複製が困難な鍵と、解錠が困難な鍵がポイントです。複製が困難な鍵の代表がシリンダー錠です。シリンダー錠の部屋鍵になっていれば、マンション防犯の効果は高いです。不審者対策には防犯カメラの設置も効果的です。
マンションの共有部分では管理組合や管理会社によるカメラが設置され、個人では玄関扉へのカメラの設置も可能です。防災対策は、災害予防の観点です。自然災害と人災がありますが、代表的なものは地震、火災、水害、強風被害などです。鉄筋コンクリート建築のマンションは建物の構造が頑丈です。木造建築の建物よりも耐久性が格段に高いのが特徴です。
鉄筋コンクリート建築の建物は、耐震構造に設計されているだけでなく、免震構造に施工されている場合も多いので、地震の揺れに強いだけでなく地震の揺れそのものを軽減できてしまう場合もあります。東京都のマンションを選ぶときは、防犯・防災設備工事が充実しているかに注目しましょう。マンション管理組合が将来的なリフォームに備えて防犯・防災設備工事を意識している場合は、リフォーム基金や積立金制度が設けられている場合があります。防災対策は、火災保険と関連しますので、加入している保険会社に相談するのも良い方法です。

知っておくべき住まいの防犯対策!


今まで何ともなかったからとか比較的治安のいい地域に住んでいるからと言って防犯対策を怠るなど油断をしてはいけません。また普段から気を付けているつもりでもちょっとしたことで泥棒を引き寄せてしまうこともあります。犯罪に巻き込まれてからでは遅いので巻き込まれないための対策を日々していかなくてはいけません。まず、外出するときは当たり前ですが家にいるときでも玄関の鍵を閉める癖をつけましょう。
泥棒は必ずしも不在を狙ってくるとは限らないのです。まるでその家の住人であるかのように玄関から堂々と入ってきて犯行に及ぶこともあるのです。鉢合わせなんかしたらと考えるだけで恐ろしいです。また、普段生活している部屋から遠いところに位置する空き部屋や二階などの窓も長時間開けっ放しにしていると危険です。換気が終わって開けておく必要のない窓はなるべく閉めて鍵をするようにしましょう。
また、家の外にあまり物を置きすぎないようにしましょう。大きなゴミ箱など通路を塞ぐように置いてしまうと見通しが悪くなって泥棒が作業しやすくなるし、ゴミ箱を踏み台にして二階に上がったり上のほうの窓から侵入したりしやすくなる場合もあります。
やはり犯罪から身を守るためには犯行をしにくくする設備をつけるとよりいいです。例えば小さな窓にも格子をつけたり外から部屋の中が見える場合はすりガラスにしたり、さらに泥棒は音や光を嫌うので金銭的に余裕があるのであれば家の外や庭などにセンサーをつけたりするとより効果的です。
また、外出時は特に注意が必要です。洗濯物などを干しっぱなしにして外出し、万が一雨が降ったりして洗濯物が雨ざらしになっていると、それだけでその家に誰もいないことがわかってしまいます。この場合遠くから見ても不在が判断できてしまうので泥棒にとっては格好の餌食です。外出時には乾いていなくても洗濯物は取り入れるようにしましょう。安心して生活するために常に住まいの防犯対策を心がけましょう。

大学生の一人暮らしの詳しい情報はこちら

マンション防犯といえばインターホン

最近のマンションと言えばセキリュティーに優れていることが特徴です。マンション防犯と聞くと誰もがオートロックと連動させたインターホン設備を思い浮かべる事でしょう。各部屋と玄関出入り口とをつないだインターホンがあり、来訪者はインターホンを通して部屋の住人と話をする事で身元を確認してもらい、マンション出入り口の玄関オートロックを解錠してもらう事でマンション内に入れます。
この防犯設備工事は電気設備工事の一環であり、マンションの各部屋のインターホンと玄関の出入り口の扉付近のインターホンでつなぐことで来訪者の確認が出来るので防犯上は非常に役立つのです。当初のころの防犯設備工事としては音声だけの確認でしたが、最近はモニター画面が付いているので訪問者の顔までが確認できるようになりました。モニター画面で来訪者の容姿の確認が出来る様になると、都合の悪い人や部屋に通したく無い人の場合は居留守を使うことが出来るので、入居者にとっては便利になったと言えるでしょう。
特に女性の一人暮らしや離婚した女性の場合などは、ストーカーの被害が心配されるのででセキュリティーのしっかりしたマンションが安心できるでしょう。最近日本でも昔は考えられなかったような犯罪も発生するので、日々の生活をする住居もマンション防犯などのセキュリティーのしっかりした所に住むことが自己防衛にもつながるでしょう。
マンション防犯についてはインターホン連動のオートロックなどの防犯設備工事の成されている事と、最近は防犯カメラまで設置されるようになってきました。玄関出入り口のインターホンと同時に防犯カメラまで設置されていると、弱い立場の女性の一人暮らしや母子家庭にとっては心強い防犯設備と言えるでしょう。年々犯罪が増えてくる我が国でも、自分自身や家族は自分達の手で守る工夫をしなくてはなりません。その為にも安心安全で快適な住空間を持ち、インターホンやオートロックに防犯カメラなどの防犯設備工事のしっかりなされマンション防犯の確立されたマンションに住むようにしましょう。